2017年7月23日日曜日

松井市長に申入れ「安倍首相の平和式典参加反対!」

広島市長 松井一實様
被爆72周年 8・6ヒロシマ大行動実行委員会
広島市中区幟町14−3−705
電話&FAX/082 -221 -7631

核兵器禁止条約に反対し、改憲と朝鮮戦争ー核戦争に突き進む、
 安倍首相の8・6平和式典参加に反対する申入れ

1、核兵器禁止条約に反対する安倍首相は、平和公園に足を踏み入れる資格はありません。

 核兵器禁止条約に対して、安倍政権は、会議にすら欠席し、米・英・仏・ロシア・中国など核大国とともに、「強固」に反対を表明しました。
 核兵器禁止に強く反対し、核兵器も核戦争も肯定する安倍首相は、8月6日被爆地ヒロシマに来て、何をしようというのでしょうか。慰霊碑の前に立つ資格など全くありません。
 「ヒロシマ・ナガサキをくり返すな!」―被爆者を先頭に日本の労働者民衆が叫び続けてきたこの誓いと決意は、安倍首相がヒロシマに来ることを絶対に許しません。今や、「安倍はヒロシマに来るな!」こそがヒロシマの声です。

2、北朝鮮を追い詰め、朝鮮戦争―核戦争をへ進む安倍首相に、今、全国で怒りの声が上がっています。

 安倍首相は、今年2月11日、日米共同声明で「核及び通常戦力の双方によるあらゆる種類の米国の軍事力を使った日本の防衛に対する米国のコミットメントは揺るぎない」と公表し、日米で朝鮮に対する核戦争を含む戦争体制を準備しています。
 また、安倍首相は、日本の独自の核武装を狙って、福島切捨て、原発再稼働、原発の海外輸出を強行していますが、怒りは、福島をはじめ全国で拡大しています。
 安倍首相は、「戦争反対」の声を押しつぶすために、戦前の治安維持法と同じ「共謀罪」を強行裁決しましたが、戦争反対の声はいっそう拡大し、強まっています。森友・加計学園疑獄事件で、教育・政治を金もうけと戦争の道具にする「権力の私物化」に、全国のみんなが「安倍やめろ!安倍を監獄へ!」と闘っています。
 8月6日、全国・全世界の人々が注目します。安倍首相が平和式典に参加して、慰霊碑の前に立つ姿は、戦争・核戦争反対のヒロシマの誓いを踏みにじるもので、とても容認することはできません。
 私たちは、国際連帯の力で、「始まる前に戦争を止める」ことを表明します。

3、松井市長は、安倍首相の式典参加をキッパリと拒否すべきです。

 広島市は、このような安倍首相をどうして平和式典に参加させるのでしょうか。これまで、広島市は私たちの質問に対して、「日本の総理大臣だから」「広島に来て被爆の実相を見てもらえば、核兵器廃絶に向かってくれる」などと回答してきました。安倍首相がこの何回かの広島訪問で、平和や核兵器廃絶に向かってなにか有効な行動を少しでもやりましたか。結論は、「真反対」だということは明らかではありませんか!
 松井市長は、平和宣言の中で、「日本は、核保有国との橋渡しをしてほしい」と言うと報道されています。とんでもありません。自らが、核武装を肯定する安倍首相に何をお願いするというのですか?
 被爆者・ヒロシマ、全国・全世界の人々の心からの叫びは、今、「核戦争の安倍はやめろ!」です。この声に背を向けた平和宣言は許されません。
 松井市長は、安倍首相の式典参加をキッパリと拒否することを要求します。


2017年7月20日
被爆72周年8・6ヒロシマ大行動実行委員会
          共同代表
       下田禮子(反戦被爆者の会)
                中島健(被爆二世)
                大江厚子(セイブ・ザ・イラクチルドレン広島代表 安芸太田町議)
                大江照己(国鉄西日本動力車労働組合委員長)
                室本けい子(NPO法人よもぎのアトリエ)
                吉原美玲子(被爆者・キリスト者) 


       

2017年7月20日木曜日

ビラ第3弾ができました!


改憲・戦争・被曝強制・核禁止反対の安倍は広島に来るな!

8月6日朝、原爆ドーム前から怒りのデモへ

 改憲と戦争に突き進んできた安倍政権は、加計疑獄と共謀罪で腐敗と反動の正体をあばかれ、都議選で大惨敗し崩壊寸前です。しかし安倍首相は、あくまで権力にしがみつき、改憲を強行しようとしています。さらに、被曝と帰還を強制する福島圧殺と原発再稼働をすすめ、「核兵器禁止条約」に対しても、米・英・仏・ロシア・中国などの核大国と共に「強固に」反対し、核武装の野望をむき出しにしています。沖縄の辺野古の海を埋め立てて新基地建設を強行し、岩国をはじめ全国の基地を強化し、軍備を増強しています。そうしてトランプと共に北朝鮮・金正恩体制を追い詰め、朝鮮戦争・核戦争の危機を作り出し、それを改憲のテコとし、戦争を延命手段にしようとしているのです。

 この安倍が、またも8月6日の原爆の日に、広島にやって来て、被爆者、遺族を前にして「慰霊の言葉」を述べるというのです!  被爆者の怒りを先頭に、ヒロシマ・沖縄・福島の怒りをひとつに、「安倍は帰れ!」「安倍を監獄へ!」の声で平和公園一帯を埋め尽くし、安倍を倒しましょう!

労働者の団結と国際連帯こそ、核と戦争をなくす力


 いま現に、安倍やトランプが始めようとしている朝鮮戦争・核戦争を阻止するたたかいこそ求められています。安倍の改憲・戦争と核武装の攻撃と闘わずに抽象的な「平和」しか語らず、「国連」や「核兵器禁止条約」しか言わないような「反核」は無力であり、ニセモノです。労働者民衆が国境を越えて団結し、ゼネストで原発も基地も止め、1%の支配者を倒して労働者が世の中の主人公になってこそ、核も戦争もなくせます。8・6ヒロシマに、米軍のサード(ミサイル迎撃システム)配備阻止を闘う韓国のテグ、ソンジュのなかまが参加します。ヒロシマから、朝鮮半島・東アジアにおける新たな戦争・核戦争を阻止する日韓労働者民衆の国際連帯を力強く発展させていきましょう!

2017年7月16日日曜日

7・15安倍は広島に来るな!緊急デモ


「7・15安倍は広島に来るな!緊急デモ」を行いました。原爆ドーム前で共同代表の中島健さん、大江厚子さんがアピール。広島の繁華街を「安倍を監獄へ」の大幟を掲げてデモ行進しました。安倍首相が8月6日に来広し、祈念式典に出席しようとしています。東京都議選で「安倍やめろ」コールが起きたように、安倍政権への怒りはますます大きくなています。韓国でパククネを監獄に叩き込んだように、安倍首相を平和公園からたたき出しましょう!


韓国からの参加が決まりました。
キムヒョングェさん(김형계/ソンジュ)
キムヨンチョルさん(김용철/城西工団労組)
イドゥクチェさん(이득재/大邱カトリック大学教授・民衆行動代表)
国際連帯をさらに前進させ、始まる前に朝鮮戦争を止めよう!

2017年7月15日土曜日

2017年7月12日水曜日

2017年7月5日水曜日

新しいビラができました!全力で安倍政権を倒そう!


8月5日(土)@広島市東区民文化センター(広島駅新幹線口から徒歩10分)
■12:30開場 産別労働者集会(国鉄、教育、郵政、医療福祉、合同労組など各会場)
■15:30〜17:00  被曝労働拒否!福島連帯集会(大ホール)
■17:30〜19:00  オキナワとヒロシマを結ぶ全国青年労働者交流集会(大ホール)
  ◎全国学生交流集会16:30〜@広島大学大学会館集会室4(東広島市 広大西条キャンパス)

8月6日(日)
●7:15〜8:15 8・6アピール集会 @原爆ドーム前
●8:20〜9:00 安倍首相弾劾デモ(中国電力前解散)
●12:30〜  8・6ヒロシマ大集会
     @広島県立総合体育館 小アリーナ(中区基町4ー1)
●15:00〜 改憲・戦争の安倍たおせ!
      8・6ヒロシマ大行進(原爆資料館前解散)


アピール(予定)被爆者、福島、沖縄、被曝労働拒否を闘う労働組合、国際連帯−韓国テグ・城西工団労組、サード配備阻止闘争ほか

メール  86hiroshima.daikoudo(at)gmail.com

被爆72周年8・6ヒロシマ大行動への呼びかけ

■国際連帯で、トランプ・安倍の朝鮮戦争・核戦争を阻止しよう!
■ヒロシマ・福島・沖縄の怒りで、改憲・戦争・核武装の安倍たおせ!
■被曝労働拒否! ゼネストで、原発・基地・戦争をなくそう!


●朝鮮戦争・核戦争絶対阻止の8・6ヒロシマ大行動へ

今年の8・6ヒロシマ大行動の第一の柱は、何よりも切迫する朝鮮戦争を絶対に阻止する闘いにすることです。この戦争を止める力は、労働者民衆の団結と国際連帯の闘いにのみあります。
 トランプや安倍は、北朝鮮を追い詰めながら、新自由主義の延命と韓国から始まった労働者の革命を圧殺するためにこそ戦争を始めようとしています。それはいったん火がつけば、東アジア、全世界をまきこむ核戦争にまでなる戦争です。被爆者を先頭とする「ヒロシマ・ナガサキを繰り返させない!」の誓いと行動は、朝鮮戦争・核戦争を始まる前にとめる闘いとして、貫かれなければなりません。
 8・6ヒロシマ大行動を通して、テグの城西工団労組との団結がつくられ、反原発運動やソンジュのサード配備阻止闘争との連帯も生まれています。8・6ヒロシマから「労働者民衆の国際連帯で、トランプ・安倍の朝鮮戦争・核戦争を始まる前に阻止しよう!」と全世界に呼びかけましょう。

●沖縄の怒り、福島の怒りとつながり戦争と被曝強制の安倍たおせ!

今年の8・6ヒロシマ大行動の第二の柱は、福島の怒り、沖縄の怒りとますます深く結びつき、戦争と原発再稼働・被曝強制・核武装の安倍政権を打倒することです。
 朝鮮半島−東アジアにおける戦争突入情勢の中で、安倍政権は、辺野古の海の埋め立てを開始しました。沖縄の基地と戦争への怒りは、非正規化と貧困への怒りと一体となり、全島ゼネストの闘いを求めています。この沖縄の怒りと闘いとひとつになり、8・6ヒロシマ大行動をかちとりましょう。
 福島の怒りは、動労水戸を先頭とした被曝労働拒否の闘い、常磐線延伸と被曝・帰還強制に反対する闘いとして、安倍政権とJR資本を直撃し、再稼働阻止を闘う舞鶴や愛媛の自治体労組の闘いへ、都庁のふくしま署名解雇撤回闘争へと広がっています。ふくしま共同診療所の命を守る闘い、全国各地の避難者を先頭とした被曝と帰還強制に反対する闘いと固く結合し、福島とヒロシマの怒りをひとつに安倍を倒しましょう。

●青年先頭にゼネストで改憲・戦争阻止する労働運動を!

第三の柱は、改憲阻止と戦争絶対反対を貫く労働運動の再生を大きく前進させることです。森友・加計学園疑獄、安倍政権の国家私物化こそ、国鉄から始まった民営化と新自由主義30年の行き着いた先です。高まる労働者民衆の怒りを共謀罪で弾圧し、改憲を強行しようとした安倍政権は、都議選で「安倍を監獄へ!」の怒りに包まれ、歴史的惨敗に追い込まれました。国鉄分割・民営化絶対反対を貫いてきた動労千葉・動労水戸−動労総連合を先頭に、改憲・戦争と被曝強制への怒り、民営化と非正規化への怒り、地方切り捨てと社会崩壊への怒りを結集し、ゼネストで安倍政権を打ち倒す時です。8・6ヒロシマをこの闘いの出発点としましょう。
 改憲で再び戦争への道を開こうとする安倍を、ヒロシマ・ナガサキの被爆者・二世を先頭とする労働者民衆は絶対に許しません。8月6日、原爆ドーム前を「安倍を監獄へ!」の怒りの声で埋め尽くし、安倍を倒しましょう! 

2017年7月3日
                                    被爆72周年8・6ヒロシマ大行動実行委員会

共同代表/下田禮子(反戦被爆者の会)中島健(被爆二世)大江厚子(セイブ・ザ・イラクチルドレン広島代表 安芸太田町議)大江照己(国鉄西日本動力車労働組合委員長)室本けい子(NPO法人よもぎのアトリエ)吉原美玲子(被爆者・キリスト者)